中国で知的財産ビジネスは本当に広がっていくのか

中国で知的財産ビジネスは本当に広がっていくのか

中国で「知的財産ビジネス」広がる動き というタイトルでNHK NEWSWEBが記事をアップしていますが、これからの中国はどう変わっていくのか...

コメントを読む

バリのカルフールで見つけたルイ・ヴィトンの偽物

バリのカルフールで見つけたルイ・ヴィトンの偽物

バリでの偽物もかなり報告が多いですね

コメントを読む

ブランドバッグ、財布の偽物のほとんどはロゴで見分けることができる

ブランドバッグ、財布の偽物のほとんどはロゴで見分けることができる

そう豪語する質屋の番頭さんにお話を伺うことができました

コメントを読む

箱や保証書まで…中国・深センにて偽物を発見 グッチのスーパーコピーの今

箱や保証書まで…中国・深センにて偽物を発見 グッチのスーパーコピーの今

非常にスーパーコピーが多いブランドであるグッチ

コメントを読む

エルメスのコンスタンス Hベルトの偽物 小物にもご注意

エルメスのコンスタンス Hベルトの偽物 小物にもご注意

エルメスといえばバーキンの偽物が非常に多いですが、小物も増えてきました

コメントを読む

パテックフィリップ カラトラバのスーパーコピー 名古屋にて

パテックフィリップ カラトラバのスーパーコピー 名古屋にて

雲上とも呼ばれる究極の高級腕時計ブランド

コメントを読む

日本の住所と店の名前を勝手に使った中国のコピー腕時計サイトに注意!

日本の住所と店の名前を勝手に使った中国のコピー腕時計サイトに注意!

偽物業者が大胆な手立てに出ました

コメントを読む

香港 男人街ストリートで発見されたシャネルの偽物 コピーバッグがこちら

香港 男人街ストリートで発見されたシャネルの偽物 コピーバッグがこちら

販売業者はしきりに「レプリカ」と言っていましたが偽物です

コメントを読む

シャネルは金具の作りの粗さで偽物の判別ができる

シャネルは金具の作りの粗さで偽物の判別ができる

ちなみに本物のシャネルも結構粗い所があるので注意が必要です

コメントを読む

簡単な見分け方 ブランド品の偽物はとにかく縫製が雑

簡単な見分け方 ブランド品の偽物はとにかく縫製が雑

世の中にあふれている偽物の大半は縫製の丁寧さで見抜けます

コメントを読む

1 2 3 4 5

当サイト ブランド 偽物・コピー品まとめ について

このサイトでは日本国内だけでなく、世界各国のブランド品の偽物・コピー品・レプリカ情報を集めています。

現在数えきれないほどのコピーブランド商品が溢れかえっており、取り締まりもいたちごっこが続いている状況です。

特に人気ブランドであるルイ・ヴィトン、シャネル、エルメスは年々スーパーコピーの品質が上がってきており、染色や縫製の技術の向上から見分けることが難しくなっています。

信頼できるお店で買うことが一番ですが、国内のブランド直営店が安心です。偽物を掴まされることはありません。

増加する偽物の「種類」

一昔前は長財布の偽物がほとんどでした。素材も少なく済み、単価が高く、かさばらないため輸送や管理のコストが低いからと考えられます。

しかし昨今では大きなショルダーバッグやトートバッグからキーケース、カードケースとコピー品の種類も多岐にわたります。

ついにはカードケースや手帳カバーまで偽物が横行する時代です。

アイテムの種類だけでは見分けることができなくなりましたので、マニアックな品物だからといって油断はできません。

ロレックス、カルティエ…偽物が特に多い腕時計ブランド

一時期はロレックスやカルティエが多く、次いでオメガのコピーブランドが多かった腕時計業界ですが、最近はウブロの偽物が多く出回っています。

知名度があり、デザインが個性的なため特徴を掴みやすく、偽物業者の格好の的になっているのです。

その他、雲上と言われるパテック・フィリップやヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲ、さらにはブレゲやジャガールクルトといった渋いブランドの腕時計まで偽物が存在します。

これらはご丁寧に箱や保証書まで付いている始末。価格は程度の良いもので6万円ほどと高価ですが、もちろんこんな値段で上記のブランドの腕時計が買えるわけがありません。

中国、香港、韓国、フィリピン、ベトナム…狙われる日本人観光客

偽物のブランドバッグや高級腕時計はそのほとんどが海外で作られています。特に中国で作られたものが多く国内に流入しています。

海外旅行で偽物を見かけたという人は多数居ると思います。それほど国内での常識と海外諸国での偽物に対する常識は違っているのです。

中国や香港では大っぴらに偽物が売られているし、現地の人もよく知っています。

フィリピンやベトナム、韓国でも日本人の観光客をターゲットにしたコピーブランドの出店が存在していたり。

安易な気持ちで犯罪に加担してはいけません。

このサイトでは様々な観点から現在の偽物を研究し、撲滅に向けて情報共有していきたいと思います。